子どもの頃

日記①

投稿日:2020年8月23日 更新日:

高校2年生の時、クラスメートのYが「お前も日記をつけろ」と勧めてきた。聞くとYは3日前から日記をつけ始めたという。3日前からはじめたばかりのことをよくこれだけ自慢げに自信を持って人に勧められるなあと感心するが、この一言のおかげで私は、高校時代の、線香花火のように美しくそして瞬く間に消えていく日々を、ノートに書き記すことによって大切に保存することができたのだった。

私は小学校6年生の時に一時日記をつけてみたことがあって(たぶん親に言われて始めたんだと思う)、でも、今日は誰と遊んだ、何をして遊んだ、今日はおばあちゃんの家に行った、などということ以外に取り立てて書くこともなく、そういった一日の出来事さえもだんだんと書く意味も感じられなくなって1~2か月くらいでやめてしまった経験があったので、日記を書くということはどちらかというと面倒なことであり、Yの話をほとんど興味もなく聞いていた。

しかしYが言うには、日記と言っても今述べたような「出来事の報告」ではなく、自分が好きなこと、今はまっていること、誰かに聞いてほしいことなど、その時の自分の気持ちや考えを書いていくのだという。

Yにとってみれば、それは好きなロックのことであり、その中でもとくにはまっているレッド・ツェッペリンのことであり、さらにはそのメンバーであるドラマーのジョン・ボーナムのことであり、そのドラム・ソロの素晴らしさや生き方の破天荒さのことであり、そして大ファンだった伊藤つかさのこと(ツェッペリンとどう結びつくのか最後までわからなかった)、テープが擦り切れるほど聴いた大貫妙子のシニフェ、カイエというアルバムの音楽性こと、同じクラブの先輩の好き嫌いのことであり、そういう、まあ言ってみればこうやって友だちの家に来てコーラを飲みながら何時間でも居座り続けてしゃべり続けているような話題を、一人になった時にずっとノートに書きなぐるのだという。

聞いているうちに、なるほどそれはそれでおもしろいのかもしれない、という気が少しだけしてきた。Yが帰った後(なかなか帰らなかったが)、机の引き出しか本棚のどこかにあった、それこそどこにでもあるような大学ノートを選んで、それを日記にしてみようと思ったのだった。(つづく)

-子どもの頃

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏休みの向こう側

小学生の頃、夏休みは永遠に続くかのように思えた。夏休みの手前では、夏休みが終わった後のことを想像することもできなかった。そんな日があることも思い浮かばなかった。夏休みよりも向こうにあるものは、夏のまぶ …

その瞳を見ていると

その瞳を見ていると悲しくなった。悲しくなるのに目が離せなかった。あれは15歳のときだった。 高校に入学して学校にも少し慣れてきた6月のある平日、ぼくたちの高校は創立記念日を迎えた。平日に堂々と学校を休 …

日記②

最初のページにはじめて書いたのは、クラスの友人2人が泊まりに来た次の日、思い立って神戸のポートピア博覧会に遊びに行った時のことだったと思う。新しい学年になって新しくできた友人と遊んだポートアイランドで …

日記③

日記が復活したのは、彼女にフラれたその秋ごろからである。 未練たらたらに彼女のことばかり考えてしまい、それでも昼間は友人としゃべったり気持ちを聴いてもらったりして――友人はいい加減うんざりしていた―― …

雨の降る造成地

もうずいぶん前のことになるが、ある人を見舞いに行った帰り、妻と西宮市郊外のレストランに入った。窓からは緑の田畑や空き地、少し向こうには遠く三田の町並みが、小雨に濡れて少し霞んで見えていた。見下ろせば住 …

プロフィール

雨の公園 プロフィール

はじめて絵を描いた記憶は幼稚園の冬休み。カエルを描いて園に持っていくと、友だちから「雨の公園くん、お正月のお絵描きなのにカエルを描いてる」と笑われたので鮮明に覚えている。

高校の時つけ始めた日記の端に好きなアイドルの絵を鉛筆で描きうつす。これが私にとって“線”でなく“陰影”のみで描いたはじめての鉛筆画となった。日記は大学に入る頃まで7冊ほど書き溜めた。

自分の入院の経験を生かして描いた漫画『文化祭の夜』が小学館ヤングサンデーの新人増刊号の最終選考に残るもギリギリ掲載には至らず。生まれてはじめて漫画雑誌の「編集者」と呼ばれる人と出会う。

大手出版社から絵本を2冊商業出版するも絵で食べていくことは断念する。時を同じくし、大阪ミナミの戎橋(通称「ひっかけ橋)で路上似顔絵を描きながら大学院で旧約聖書の『ヨブ記』の解釈についての論文を書き、修士号を取得する。

☆ ☆ ☆

好きな絵かきさん
ギュスターヴ・カイユボット、紡木たく

好きな作家、文筆家
室生犀星、藤木正三

人物

風景その他